Blog&column
ブログ・コラム

和歌の始まりはいつだった?

query_builder 2022/08/01
コラム
49

和歌は、現代でも国語の教科書や新聞の和歌コーナー、テレビなど、いたるところで見かけることができますよね。
一体、和歌はいつどのようにして始まったのでしょうか。
今回は和歌の始まりについて解説します。

▼和歌の始まりは奈良時代
和歌の発祥は、奈良時代頃だと言われています。
漢詩と対比するのが目的であったという説があり、当時作られた和歌は「万葉集」にまとめられています。
その後も「古今和歌集」「後撰和歌集」など、さまざまな歌集が作られてきました。

■貴族から庶民まで楽しめる
平安時代の貴族にとって、和歌はステータスのひとつでした。
美しい和歌を作ることができる人は男女ともに非常に魅力があるとされ、光源氏のモデルである在原業平も、非常に優れた和歌を作ったと言われています。
その後の時代にも和歌は形を変えることなく受け継がれて行き、庶民にも広く親しまれるようになりました。

■和歌は難しくない
「始まりは貴族から」と聞くと非常に難解なものに思えるかもしれませんが、和歌は決して難しいものではありません。
「五・七・五・七・七」の形に沿ってさえいれば、ご自身なりの和歌を誰でも完成させることができます。
日本語は「5音」と「7音」になる言葉が非常に多いため、何気なく言葉を入れるだけでもすぐに和歌の形になりますよ。

▼まとめ
和歌をもっと詳しく学んでみたいという方は、ぜひ和歌のスクールにお越しください。
小笠原学園でも、和歌講座を開講しています。
和歌の世界を学びながら、ご自身の内面をさらに深めていってくださいね。

NEW

  • あなたもエッセイスト 通信

    query_builder 2022/08/09
  • 営業時間変更のご案内

    query_builder 2022/07/29
  • query_builder 2022/07/25
  • 百人一首と筆あそび 通信

    query_builder 2022/07/21
  • あなたもエッセイスト 通信

    query_builder 2022/07/18

CATEGORY

ARCHIVE